10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

【Vision】守りたい、この寝顔 

リアルワールド

 歌:nano.RIPE  作詞:きみコ  作曲:ササキジュン  編曲:nano.RIPE
(歌詞一部抜粋)

  近付いてくぼくらデリケート 淡い夢を見せてあげよう
  たまにはいいことあるかも

  ご褒美にはチョコレート 甘い夢を見れたら
  それがすべてだなんて笑い飛ばそう





まるで意味不明なタイトルと前置きですが、今回は珍しく考察(っぽいなにか)と洒落込みましょう。
今回はこのカードでございます。






《胡蝶夢丸》

No.627 Command <第八弾>
NODE(3)/COST(1)


【呪符】 維持コスト(2)


「楽しい夢を見られるけど気を付けて。昔はこの薬を服用して夢の世界から戻って来られなくなった人間も多いわ」






はい、今回は最近になってちらほらと見かけるようになった「呪符コン」と呼ばれる、ボードアドバンテージを主とするコントロール系デッキの中核を成すカードです。
テキストの内容はシンプルすぎて最早説明不要の域であります。
某アレ風に言えば、


短ァァァァァいッ説明不要!! 呪符!!! 維持コスト(2)!!!
胡蝶夢丸だ!!!




的な?
んなことはさておいて、まずは「呪符コン」とはなんぞや?というところから。

呪符コンとは、そもそも私の勝手な呼び名であって、正式なデッキ名は分かりません(ゑ

・物部布都がメイン採用されている、コントロールデッキだから「布都コン」
・今まで日の目を見なかった呪符が、メインギミックとして採用されるデッキだから「呪符コン」

などなど呼び名諸説あれこれ。
なお、今回の記事では「呪符コン」で統一しようと思います。

この呪符コン、悪く言ってしまえば「時限爆弾」です。
よく使われる、除去として機能する呪符といえば「胡蝶夢丸」や「疑惑の五芒星」「毒符『神経の毒』」が主でしょうか。
これらのカードは全て、特定のタイミングでのみ効果を発揮するものばかりです。
「時限爆弾」と喩えたのは、つまり「キャラクターが消えるまでに時間がかかる」ということ。
相手に与えるプレッシャーは計り知れないところがありますが、除去として機能するかどうかは相手次第というのが難点とでもいいましょうか。

ですが、

一発撃ったらそれっきりにはしない、言わば強力なサポートカードがこの、「No.929 物部 布都」。

《物部 布都》
GRAZE(2)/NODE(5)/COST(2) 種族:仙人

加護(2)

(自動γ):相手キャラクターに呪符カードがセットされた場合、〔あなた〕は1ドローする。この効果は重複しない。

(自動γ):相手プレイヤーの場の呪符カードが破棄された場合、〔相手プレイヤー1人〕に3ダメージを与える。この効果は重複しない。

攻撃力(4)/耐久力(5)

「われにおまかせを!」
(PR.098:「物部の秘術と道教の融合、その身に刻むがいい!」)


布都chanカワイー。
通常版は「誘ってる方の布都」、PR版は「誘ってない方の布都」などと言われているとかいないとか。

11弾『Starlight Glory』で収録と相成った自称尸解仙の勘違い道士。原作では5面ボス兼アホの娘を担当。
布都の効果はどちらも自動γ。呪符がセット出来れば1ドロー、呪符が割れれば3点バーンと、除去機能を有する呪符系のカードとは非常に相性がいいのです。
1ドローのおかげでハンドアドバンテージを失いにくいのが特長の一つ。
加えて、自身が加護を所持しているおかげで、少なからずコマンド除去に耐性を持っているのも強さの一つ。
このカードの登場によって、呪符コンは現在の地位を確立したと言っても過言ではないでしょう。

除去機能を有した呪符によるボードコントロール、呪符を駆使することで遺憾なく発揮できる布都の効果が合わさって、「呪符コン」というデッキが頭角を現しつつあるのです。
私を含め、様々なプレイヤーが優勝や入賞を果たしています。

一部のプレイヤーの間では、今月27日に行われる大型大会、「秋葉原公式大会 AUTUMN CUP2012」に向けてちょこちょこ調整が行われています。
もちろん他のプレイヤーも「呪符コン」への対策は活発です。


・・・とまぁ呪符コンというデッキの話はここまで。
今回のメインはあくまで胡蝶夢丸。


《胡蝶夢丸》

No.627 Command <第八弾>
NODE(3)/COST(1)


【呪符】 維持コスト(2)


「楽しい夢を見られるけど気を付けて。昔はこの薬を服用して夢の世界から戻って来られなくなった人間も多いわ」



このカードはぱっと見、あまりにもテキストが短すぎて考えることがあまりありません。ぶっちゃけ。
ですが、最近採用されるようになったカードを周りに置くと、色々考えることがあります。よね?
まずは、大まかにこのカードの特徴を挙げてみましょう。

・相手キャラクターにセットすることで効果を発揮する【呪符】である
・3ノード1コストと非常に軽く、比較的早い段階で使用することが出来る
・維持コスト2を付与することで、擬似的な除去機能を得る
・「異郷の薬売り」の効果の範囲であり、再利用が可能
・再利用が効くので、ノードの肥やしにする選択肢もある
・アイコンが十字であり、「陰謀論」の持つ自動効果を満足に発揮させられる
・キャラクターを「破棄」させるため、「決死状態」をトリガーとする効果を封じ込められる
・魔理沙の寝顔を長く見ていられる

ぱっと思いついたことを文章にするとこんな感じですね。
薬売りによる再利用が効くのは大きく、最近は陰謀論なるカードの登場も占めている部分もあるかと思います。
これだけ見ても、このカードがもたらす効果の大きさは明白です。

ですがそんな強力なカードにも弱点というものは必ずあります。

・プレイ時に目標を取るカードであるため、目標にならない、対象にならない効果を持つカードには全く効果をもたらさない。

・セットカードであるが故に「No.687 伊吹 萃香」1枚で処理されてしまう
 無論、萃香自身に対しては無力であるのは言うまでも。

・「No.916 秋 穣子」に対してもあまり効果を成さないことがある。
 具体的には、特定のタイミングにしか効果を発揮しないので、穣子1枚でその場をやり過ごされてしまう。
 当然、胡蝶夢丸が冥界に置かれないので、薬売りによる再利用や陰謀論のノードコスト軽減の効果を得られなくなる。

ぱっと思い付いたのはこのあたりですが、特に萃香の存在は非常に脅威的であり、相手のミスを願わずにはいられなくなることもあります。
もちろん、自分の力で状況を切り開くのが腕の見せ所でもあるんですが・・・。
少なくとも、このカード単体では出来ないことがあるのも事実です。


呪符を大量に撒かれても、プレイング次第では被害を最小限に留めることも可能です。
もちろん、構築の段階でキャラクターの枚数を減らし、除去の枚数を格段に増やす等の対策も有効手の一つです。

具体的な呪符コンへのメタの内容はここでは多く語りません。いや、だって、私も呪符コン使いますし
しかし、このカードや、薬売りでカードを撒かれた時は、もう一度盤面を見直してみて下さい。
手札を見直す動作でもいいです。
とにかく、一度全ての行動を止めてよく考えてみて下さい。
きっと、そこに打開策は眠っている筈です。


対策カード自体はいっぱいあります。
ですが、今回は胡蝶夢丸単体にスポットを当てたってことで。



うまく〆られてないような気がしないでもないですが、それではこのへんにて。

スポンサーサイト

[edit]

« 【Vision】autumn cup  |  【Vision】環境変わって最近の大会レポいもの »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lovemarisa.blog21.fc2.com/tb.php/64-3dc55038
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【【Vision】守りたい、】

♪リアルワールド 歌:nano.RIPE  作詞:きみコ  作曲:ササキジュン  編曲:nano.RIPE(歌詞一部

まっとめBLOG速報 | 2012/11/18 13:53

このクリーチャーの上に

色々リンク

リンク

最新コメント

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。