04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

【Vision】真・霊夢送別大会(宮城公認) 

今回は「岡山在住がなにやってるの」とか言われかねない大会レポいものです。

実は、宮城公認の開催日から仕事の都合で連休になっていました。
ですが、せっかく実家に帰るんだからどこかしらの大会に出てから帰りたい。とかそんなことを思っていました。
公式HPを見てみるとあら不思議!仙台で公認大会が開かれるではありませんか!!
一応参加の方向で予定を組んでおき、ルート、会場、予算をそれぞれ調べてみたところ、

岡山(のぞみ)→東京(東北新幹線)→仙台(JR線)→長町
乗車時間:約5時間、距離:1111,6km、金額:(省略)

行けなくはない・・・。
・・・と、いうわけで。

11200623_1575178793_108large.jpg
行ってきました、仙台。


今回のデッキはこちら。


「除去プリバ」
◆キャラクター
3 レイラ・プリズムリバー(160
3 リリカ・プリズムリバー(909
3 ルナサ・プリズムリバー(sp19
3 メルラン・プリズムリバー(sp21
1 プリズムリバー伯(913
2 鍵山 雛(486
1 鍵山 雛(162
2 河城 にとり(490
1 騒霊三姉妹チーム

◆コマンド
3 マナの生成
2 緑眼のジェラシー
2 神秘の卵
2 封じられた妖怪
3 香霖堂
2 春乞いの儀式
2 夢殿大祀廟

◆スペル
2 人界剣「悟入幻想」
3 闇符「ディマーケイション」
2 騒符「リリカ・ソロライブ」
3 冬符「フラワーウィザラウェイ」
2 悲運「大鐘婆の火」
3 水符「河童のポロロッカ」
--
1 符ノ弐“霧雨 魔理沙”
1 騒霊三姉妹チーム
2 疑惑の五芒星
1 緑眼のジェラシー
3 法界の火
2 禁弾「カタディオプトリック」

はい、プリバです。それもかなり昔の。
基本的には1:1交換を取りつつ早いうちに消耗戦に持ち込みます。
相手の場にキャラクターが並ばないor除去がこないのであれば、その間にプリバやレイラで生成した幻想でひたすら相手を殴りつけます。
ノードに伸びが見られない様であれば、時々ウィザラウェイを撃ってロックを掛けましょう。
その場合、こちらはマナの生成やリリソロを回収。
手札はポロロッカや大鐘婆で補充。ロックの仕方によってはにとりがフィニッシャーになることもあります。
前置き(?)はこの辺にして本戦。





決勝戦一回戦目:KLYさん 〇××
まさか岡山勢と千葉勢が宮城で熱い闘いを繰り広げることになろうとは。
「決勝で会いましょう!」とか言おうと思ってたらこれだよ。

1-1
開幕レイラで「うげー」的な顔をされるも予想通り。
ウィザラウェイで軽くロックを掛けつつ、ポロロッカで除去を補充→連射→大鐘婆で再補充の流れ。
その合間に0グレイズでダメージを撒き散らす。
幻想史を撃たれるも、狙ったカードが来なかったのか、手が最悪だったのか投了される。

(あたしの願い、叶ったよ)
(後悔なんて、あるわけない)
(あたし、今最高に幸せだよ)

1-2
悟入幻想、春乞い、封じられた妖怪をサイドに。

「やり方さえ分かっちゃえば簡単なもんだね。これなら負ける気がしないわ」
とか言ってたら、監視者、難題、輝夜、輝夜と着地を許した上、こちらの手札の補充はしっかりカウンターされソウルジェムが徐々に濁り始める。
初速の勢いから失速すればするほど敗色が濃くなるのは言わずもがな。
比較的初手に左右されやすく、除去コンなのに除去が引けないのはどうあがいても絶望。

1-3
「結局私は、一体何が大切で何を守ろうとしてたのか、もう何もかも、わけ分かんなくなっちゃった。
アドとディスアドのバランスは差し引きゼロだって、いつだったかあんた言ってたよね。今ならそれ、よく分かるよ。
確かに私は何度か勝ち上がったりもしたけどさ、だけどその分、心には恨みや妬みが溜まって。一番大切な友達さえ傷付けて。」

「誰かの勝利を祈った分、他の誰かの勝利を呪わずにはいられない。私達Visionプレイヤーって、そう言う仕組みだったんだね。」


「あたしって、ほんとバカ」


負け。

二回戦目:オレンジさん 〇〇
砂「サイドがあればチェッk「あ、サイドないです」
砂「 」
2-1
相手のセットエンドに合わせてウィザラウェイを叩き付け、レイラで幻想をガンガン展開。
0グレイズを叩くも「ほらほら世界が震える(ry」に「幻想(2/1)」をぶち殺される。
辛うじて生き延びたにとりと手札待機していたルナサで殴りつけて勝ち。

2-2
同上。
「やり方さえ分かっちゃえば簡単なもんだね。これなら負ける気がしないわ」
とか言ってたら、1点を残した辺りで「ほらほら世界が震え(ry」と法界をいっぺんに叩き付けられ場が更地になる。しかしキャラクターは出ない。お互いに。
互いにセットエンドを繰り返すこと数ターン、白目を剥きながらドローしたら、

騒霊三姉妹チーム「「「おいすー」」」
砂「 」

トップでピン差しの三姉妹チームを引いてしまったので、対戦相手と大爆笑しながら殴って勝ち。


三回戦目:ABSさん 〇〇
名前だけはあちこちで聞くお方。
対戦後に色々お話しましたが、私の話がどこまで参考になったのかは神のみぞ。
3-1
開幕レイラからダメージを散らすも、2ターン目衣玖(9弾)と蜃+要石のコンボ展開で五分のところまで引き戻される。だからコンボはヤバいと言ったんだ。
9:1で圧倒的に不利な展開に。
しかしレイラを呼び出すも除去は飛んでこない。
衣玖にはルナサを投げ飛ばしたり、幻想をひたすら生成したりして壁に。
衣玖からのグレイズも貯まり、残ライフ13まで削られた辺りでノードロックを掛けたらにとポロも通ったので、ディマーケイションとリリカ×2ののしかかりでキャラクターを絶対に許さない構え。
にとポロ→除去補充→連射→ウィザラウェイ→雛大鐘婆で手札再補充の流れを取りつつ、相手にはディスカードさせ幻想ビート。
ノードの供給源はしっかり潰して最後までグレイズを与えない構え。
2体目の蜃は封じられた妖怪にセットして封印しました。

3-2
開幕レイラ×2で幻想を大量生成。
香霖堂から法界を回収されるも、動けない間に2点を13回叩きつけて勝ち。

相性という点ではお互いがお互いに不利でした。
方やぐるコン+蜃と要石によるロック(?)。ただしキャラクター自体は非常に少なく、前述のコンボを決め時間を稼ぎながら除去を投げつけ、衣玖がその合間に殴る形。
方や除去コンプリバ。
いくら除去満載のデッキとは言え、除去をぶつけている合間に打点を撃ち込まないと、息切れして敗色濃厚になりかねません。
ダメージソースの要であるプリバはグレイズが0。
戦闘ダメージを無効化し、そのグレイズ値分、自身に効果ダメージとして受ける蜃の存在には絶望の二文字。
蜃に除去を当てつつ、衣玖にも除去を当てる。かつ、暇を見て打点を投げる。
これほど強いられた(集中線)試合はありませんでした。


四回戦目:トッキーさん 〇〇
言動から察するに遊戯王プレイヤー。カードの処理だけは適切にお願いします。
エラッタの関係でデッキが結構厳しくなったと本人談。
ユニオン3種類はさすがの私も苦笑い。
4-1
開幕黄泉の舟で落ちる住人チームと妖夢と幽々子。
死霊の復活から住人チームを呼び出され、ついでのギャスドリでレイラが目標に。
相手の場に2ノード以下のキャラクターはいなく、出て来る様子もなかったので、封じられた妖怪でレイラ封印。住人チームの効果の誘発だけは阻止。
返しにディマーケイションをプレゼントし、にとポロリリソロウィザラウェイリリソロというmjktさながらのブン回りを見せ打点を撒き散らす。

4-2
同上。
苦労して出したチームを、返しにディマーケイション1枚で片付けられた時の「はい。あ、はい」的な表情とレスは結構クる。…クる。
だが私は謝らない。





という訳で結果は3勝1敗(7-2)でしたが、オポネントの都合で2位を戴きました。
優勝出来なかったのが唯一残念でなりませんが、ここまで結果が出ようならわざわざ新幹線2本乗り継いで来た甲斐があったというものです。

悟入幻想、最大7発は幻想
(内訳:悟入幻想×2、リリカ×3、リリソロ×2)
最近見るキャラクターは耐久力4以上のものばかりであり、試合のほとんどで2:1交換を取る場面がありました。
ドローソースやノードの供給源が少ないこのデッキは極力1:1交換で済ませたいところです。
環境に応じて要相談。

出た杭を打つか、出る杭を打つか
出てから沈めるか、出る前に地を固めるか。・・・多分こっちの方が文章としては正しい。
つまるところ、キャラクターが出て来てから叩くのか、キャラクターを出させないために要因を叩くのか、という話。
前者は、除去を握るだけで対処出来ます。楽ちんですね。
後者は、ある程度事の予測を立てた上で、握るカード、撃つカードを決めます。
そうなると、ピンポイントでメタを張ることになるので、特定のデッキやカードに対しては効果を発揮しますが、
それ以外には、てんで効果がないということになります。
効果がピンポイントであればあるほど、低ノード低コストになるので使いやすいといえば使いやすくはあります。
ただし、あくまでピンポイント。そこに汎用性の文字はないので注意。

トップメタとはいかないにしても、まだまだ可能性はあるということ。
今回はそれを得ることが出来ました。来たる全国大会に向けての調整も兼ねて、来月には本格的な調整もしたいですね。


それではこのへんにて
スポンサーサイト

[edit]

« 【雑記】とある幻視の一撃必殺  |  【vision】【速報】エラッタなう »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lovemarisa.blog21.fc2.com/tb.php/60-2d398c56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このクリーチャーの上に

色々リンク

リンク

最新コメント

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。